ローソン、深夜無人営業の実証実験を横浜で開始。QRコードなどで入店しセルフレジで決済

2pt   2019-08-23 07:31
IT速報

ea44d5f6-s.png

ローソンは、人手不足対策の一環で、深夜(午前0~5時)に店員をほぼ配置しない実証実験をローソン氷取沢町店(横浜市磯子区)で行うと発表した。

顧客はQRコードなどを活用して入店し、セルフレジで決済する。期間は23日から約半年間。

利用を希望する顧客には、「ローソンアプリ」上で入店用のQRコードを発行する。近隣の顧客には、QRコードを印刷したカードを手渡す場合もある。アプリとカードを持たない顧客は、入り口付近のブースで顔写真を撮影した場合のみ入店できる。

防犯対策として店内に防犯カメラを多数設け、外部の警備会社にモニタリングを依頼。万引きなどが起きた際は警備員が駆け付けるという。入店用のQRコードが顧客情報にひも付いているため、盗難があった場合は犯人の早期特定につなげられるとしている。顔写真をAIによって分析し、万引き犯を割り出す場合もあるという。

商品を選んだ顧客は、自動釣銭機付きのセルフレジで決済し、そのまま退店できる。利用できる決済方法は通常の店舗と同じで…
続きはソース元で
c?ro=1&act=rss&output=no&id=5669197&name

   りんごの速報トップページへ
ガジェット系アンテナの話題が沢山。